2008年 01月 24日
第3次建艦計画の艤装委員を拝命
昨年の307WRCラジコン大改造以来、眠り続けていたプラモ熱がふと眼を覚ましワラワラと動き出してきました。
よーよー、次は何にするぅ?
ゼロ戦でも逝くか?
タイガーなんてどーだ?
あ、アヤナミのフィギュアなんていーじゃんか…

ゼロ戦ねぇ。タイガー重戦車かぁ。
あやなみぃ…魔改造して…オイオイ( ̄▽ ̄;)

ま、あちこちでボソボソと触れ回っていた例の空母を…
f0126505_21384162.jpg
海上自衛隊航空護衛艦『しょうかく』
自衛隊なので空母とは言いません。航空護衛艦です。もちろん、架空のフネです。
もう15年も前、本屋に陳列してあった1冊の本。
佐藤大輔著「征途」。
当時、流行っていた架空戦記物(シミュレーション戦記とも言いました)に登場する海自の“空母”です。
ストーリーはトンでもない展開ですし、話せば長ったらしくなるので割愛いたしますが、海軍に携わる一家と戦艦大和とのかかわりあいを戦中、戦後、将来を通して繰り広げられていきます。

そんな架空の空母をどうやって造るか。
市販キットなんてありません。当たり前です。
この本に出てきた戦艦大和(3種類ありました)はなんとか造り上げましたが、この空母は100%オリジナルのデザインです。
あれこれ調べたら、アメリカ海軍空母『ニミッツ』か『キティホーク』がなんとなく似ているかな~となりました。
f0126505_2157386.jpg
ニミッツ級空母。(ちなみに、これはまつい作ではアリマセン<(_ _)>)
f0126505_21584544.jpg
キティホーク級空母。の組立説明書…の一部。

どっちかなぁ…似ていて非なるところがなぁ…
飛行甲板はキティホークが近いかなぁ。でも、エレベーターの形状が…
ニミッツは全長が近いけど、甲板がちょっとなぁ…

週末はあちこちの模型屋通いとなりますナ、こりゃ。
年内進水をメドに!

by ma2116 | 2008-01-24 22:17 | ホビー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aikawarazu.exblog.jp/tb/7336502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by トミー at 2008-01-27 01:12 x
確かに甲板は似てますね。
そういえば、アングルドデッキに発艦用のジャンプ台ありませんでしたっけ?
Commented by ma2116 at 2008-01-27 01:35
ニミッツの全長が333mで、しょうかくが337m。
それに対して、キティホークは323.6mなんです。
1/700スケールにおいて1㎝の違いがでてしまいます。
ただ、ニミッツ級の右舷第2、3エレベーターの間隔が狭いんです。
しょうかくのアイランドってやたらと長いからニミッツ級だと…
悩むわ~~~~~~っ!

あ、スキージャンプ甲板は「ほうしょう」(CVV-01)ですよん。


<< 第3次建艦計画―改造ポイント      ♪ハッピバァ~スデ ツー ムスメ~♪ >>