タグ:EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM ( 11 ) タグの人気記事

2015年 08月 17日
やっと1/10の大和を見ることが~~~
呉を訪れるメインは、なんといっても『大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)』だった。
f0126505_20475065.jpg

エントランスから右手に歩けば、ど~んと鎮座する1/10戦艦大和が迎えてくれる。

小学校の時から大和の模型を何隻造っただろう・・・
f0126505_20503486.jpg

戦艦は時代遅れの兵器(航空機と潜水艦。水上艦艇なら空母と防空駆逐艦)
大和は連合艦隊司令部の最高のおもちゃ(キズつけたくないから、出撃させない)
その贅沢さからついたあだ名が大和ホテル(物理的広さと、将官たちは弦楽奏付きフルコース)
設計図だけでなく、大和にまつわる様々な事柄がわかってきた。

46センチ砲も活躍することなく、鹿児島県坊の岬沖に眠っている。
f0126505_2056958.jpg

最期の航路
f0126505_20583486.jpg

海底に眠る大和
f0126505_20585478.jpg

艦橋は艦首の下に埋まっている。
副砲がひっくり返っている。船体の穴は魚雷によるものだろう。ひときわ大きな破孔は沈没時にボイラーが水蒸気爆発したものと言われている。
一番、三番主砲は逆さになっているのがわかる。船体から外れて海底に突き刺さったのだろう。
特徴あるマスト(だと思う)が確認できるし、カタパルトも見える。

f0126505_21405813.jpg
f0126505_21585262.jpg
某SNSでもつぶやいたが、戦艦『大和』と姉妹艦『武蔵』は完成時うりふたつだった。全長や全高はもちろんのこと、主砲副砲や高角砲等の配置もまったく同じ。
艦橋後部のラッタル(梯子)の踊場の数が見分けるポイントだった。(大和の方が多い)
f0126505_2150197.jpg
f0126505_2151559.jpg


f0126505_2234952.jpg
f0126505_224975.jpg
後部飛行甲板。
大和には4~5機の艦上偵察機を載せていた。格納するにはクレーンで釣り上げ甲板下の格納庫にしまったわけだが、格納庫内部がどうなっていたのかはまだ謎である。観音扉があったことは最近わかったことだ。
f0126505_2216917.jpg
また大和型には艦載艇も船内に収納する方式だった。この中も謎のまま。(扉があったことも最近になって・・・)
f0126505_22182278.jpg
左舷側。換気用のファンだろうか?喫水線に向かって伸びているものは汚水捨て管。(ま、垂れ流しだったワケね)

と、まぁかなり細部を撮った撮った撮ったぁ~
普通なら全体を撮っていかに大きな船かわかるような構図なんだろうけど、そんなこた百も承知。
いつの日か1/350の大和を造るための資料として細かいところだけ狙って撮った。

そういや、こんなアングルも~

f0126505_22281522.jpg
某宇宙戦艦的~(笑)

by ma2116 | 2015-08-17 22:31 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2014年 05月 19日
ここんところマクロレンズは模型ばかり撮ってたからぁ~
絞り値を10や11にして~
と被写界深度を気にして撮っていたりしたから、たまにゃ外で撮らなきゃ!

f0126505_20155851.jpg
f0126505_20154542.jpg
f0126505_20152233.jpg
f0126505_20145714.jpg
f0126505_20144642.jpg
f0126505_20143175.jpg
f0126505_20141468.jpg
f0126505_20135120.jpg
f0126505_20134031.jpg
f0126505_20132641.jpg
f0126505_20131285.jpg


あ~目の保養になった。

by ma2116 | 2014-05-19 20:16 | 日常 | Trackback | Comments(6)
2014年 03月 09日
この街デビューだったなぁ
伊豆の河津町に咲く河津桜を見に行ってみた。
ニュースでよく目にしていたが、訪れるのは今回が最初。

早咲きの桜と言えば、ちょっと前までは沖縄の緋寒桜の開花を報じていたが今では河津桜がその座を奪っている。

緋寒桜と大島桜の自然交雑種だといわれている。
ソメイヨシノよりも濃いピンクで、花びらが下を向いている。
f0126505_23243035.jpg

初めて訪れたこの日はあいにくの曇り空で時々雨もパラつくような天気だったが、観光客はものすごいもので、天気なんかカンケーないでしょ!桜を見るのは今でしょ!といわんばかり・・・
f0126505_23335763.jpg


f0126505_23370100.jpg

f0126505_23372639.jpg
町の中心を流れる河津川に沿っておよそ4キロに亘って両岸に咲き誇っている。
ところどころで、このように菜の花とのコラボも楽しめる。


河津町がこの桜を観光の目玉にしたのはこの20年ぐらいか。(河津桜まつりが今年で24回目)
マスコミが取り上げて10年ぐらいになるだろうか。
もちろん、それよりも前から桜は咲いていたわけだし、知る人ぞ知る伊豆の早咲き桜だったハズ。
河津町は熱海、伊東の先であり、下田の手前にある。
特別おおきな宿泊施設もない町。
観光客は手前でストップするか、先の下田まで行ってしまうか・・・スルーされてもおかしくない場所だ。
だったら、素通りされないようここでストップさせなくては!
何かないか・・・
うーん、これといった名所もないし・・・
桜ぐらいだなぁ・・・・・・あ、そうか!!!
川沿いに桜を植えて、飲食店を揃えて、駐車場を整備して・・・観光協会の努力は実を結んだ、なんてところかな。
f0126505_23562280.jpg

f0126505_23564054.jpg

土手をブラリブラリと屋台を冷かしながら歩き、小腹がすいたらつまみ食いして河津をあとにした。

f0126505_025719.jpg
とはいうものの、やっぱりおなかすいたぁ~
帰り道に根府川にある『まるひ貝汁 ひろそう』にてちょっと遅めのランチ。
スペシャル海鮮定食!
刺身が10種類ぐらいてんこ盛り!
ドでかい椀にはあさりの味噌汁。

美味しかったぁ!
゚+(人・∀・*)+。ゴチそうさまでち♪

by ma2116 | 2014-03-09 00:08 | 日常 | Trackback | Comments(10)
2013年 08月 11日
プールにて
近所のトレッサ横浜で今年もワンコスペシャル企画の『プール』が開催された。
f0126505_2016335.jpg


今年はホップとランが参加
(きょんはお留守番~)
f0126505_211278.jpg

f0126505_2114256.jpg

ホップは去年遊んだから慣れたものだけど、ランはどうかなぁ・・・
怖がったりしないかなぁ、パニクったりしないかなぁ・・・
水嫌いにならないかなぁ・・・

杞憂に終わった
f0126505_2182550.jpg
f0126505_21323513.jpg
f0126505_21842100.jpg
悠々と泳ぎまわって楽しんでいるよう・・・

恒例のホップ君飛びこむ~の図
f0126505_2127644.jpg
f0126505_2127223.jpg
f0126505_21275839.jpg
f0126505_21281680.jpg


昼過ぎに帰って、飼い主ともども夕方までグ~スカ(★´-ω-).。oOO グゥグゥ

by ma2116 | 2013-08-11 21:25 | ワンコたち | Trackback | Comments(10)
2013年 01月 28日
走行&食べ物ログ
24日から26日にかけて、鳥取→大阪→岡山と出張を兼ねて走りまわった。

f0126505_21545097.jpg
初めて砂丘を見た。
日本とは思えないような景色・・・
ただ、連日の雨や雪で砂が固められ、独特な風紋(風によって作られる砂の模様)が形成されていなかったのは残念だった。

f0126505_223525.jpg
岡山空港には見学者用駐車場が滑走路脇にある。(第4駐車場)
しかもタダ!
f0126505_2242220.jpg
300ミリを持っていけばよかったぁ~

f0126505_227977.jpg
岡山城は小さい時に来たことがあった。
f0126505_2294039.jpg
f0126505_2292617.jpg
f0126505_2291215.jpg
後楽園もその時以来だ。
空が広い。景観を崩すような高層ビルは建てちゃいけないんだろう。
昔の備前藩主が眺めた景色もこんなに広い空だったんだろうなぁ・・・

f0126505_22152538.jpg
市内から車で30分ほど山奥にはいったところにある『まつだ牧場』
そこで売られているジェラートが第2の目的地だった。
地元では有名らしい。ローカル局だが、何度も撮影に来ているようだ。
f0126505_22221047.jpg
市内に戻り、カフェめしと洒落こむ。
ハンバーグ、白身魚のフライ、黒米の炊き込みごはん・・・ごめんなさい、多すぎて残してしまいましたぁ~
f0126505_2225171.jpg
中国道三木SAにある『宝塚ホテルレストラン』
その人気メニューのひとつ、オムハヤシ。
トロットロの玉子と濃厚なハヤシライスのコラボである。

f0126505_22284116.jpg
大阪心斎橋にある『神座』(かむくら)
f0126505_22301939.jpg
f0126505_2230820.jpg
チャーシュー麺と餃子を頼んでみた。

f0126505_2312739.jpg
f0126505_2314675.jpg
およそ2000キロを走り、90000までもうすぐってところまできた~

by ma2116 | 2013-01-28 22:47 | 日常 | Trackback | Comments(6)
2013年 01月 05日
富士山りべ~んじっ!
朝5時にゴソゴソと起き、富士山を撮ってきた。

東名御殿場ICあたりまでは曇り空で山の中腹より上は雲に隠れていた。
こりゃ、ダメかもしんない・・・と不安がよぎる。
須走から東富士五湖道路に乗り籠坂トンネルを抜けると、全景が朝日を浴びピンク色に輝いて見えた。

富士吉田ICで降り、河口湖を目指す。
どこかにいい撮影ポイントないかな~と探し、湖畔の駐車場(つか、空き地みたいな~・笑)に停める。
湖を挟んで正面に富士が望める絶景ポイント!
f0126505_15174533.jpg


ここから山頂を狙うと・・・
f0126505_15185676.jpg
ここまで大きく写る。
前回、箱根・長尾峠から北西に直線距離で20km弱の場所だというのに・・・

ふと空を見上げたら、半月がまだ沈まずにでていた。
f0126505_15222068.jpg
(右横にポツンと写っている)
f0126505_15232521.jpg



一人でパシャパシャ撮っていたら何台もの車が停まり、カメラ片手のおぢさんやおにーさんおねーさんがゾロゾロと・・・(笑)

正月の縁起物・・・一富士二鷹三茄子と言うから、次は鷹・・・野鳥を撮りにいくか・・・

by ma2116 | 2013-01-05 15:26 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2012年 12月 08日
久しぶりに風景撮り
5時に起きて・・・のつもりが7時起きという大失敗っ!
もうど~しようか、やめちゃおうか・・・と思ったけど意を決して。

f0126505_14374512.jpg
いつもの長尾峠。
風が強いから山頂や稜線の雲も流れていくだろうと思っていたけど、イマイチだった・・・
f0126505_14392996.jpg
f0126505_1440345.jpg


いつものようにジオフロントあたりを・・・(笑)
f0126505_14423060.jpg


by ma2116 | 2012-12-08 14:42 | 日常 | Trackback | Comments(6)
2012年 11月 24日
紅葉
HOPのお散歩がてら、紅葉でも撮ろうと思った。
f0126505_17285179.jpg
まずは『桜山公園』。
ここは紅葉なんて見えやしない。
だからスルー。(笑)

f0126505_17311365.jpg
少し足を伸ばして『菊名池公園』まで。
真っ赤な紅葉とはいかないが、そこそこ色づいている。
f0126505_17431882.jpg

山里まで繰り出さなくても身近で見られるようになってきた。

せっかく300mm+1.4テレコン装備のX2担いで(7Dは重くて断念・・・)行ったのだから。

f0126505_1746287.jpg
池にいる水鳥も撮らなきゃ。


f0126505_17463929.jpg
f0126505_1747378.jpg

けっこうキツイ目つきなんだなぁ・・・


写真によってはオリジナルサイズ(800x600)にならない。なんでだ???

by ma2116 | 2012-11-24 17:49 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 09日
城南島海浜公園
てなワケで(前回エントリ参照・笑)飛行機を撮りに行ってみた。
この城南島海浜公園は羽田空港に隣接している。と言っても、海(運河?)を隔てた・・・の但し書き付きだが。
つまり、羽田から飛び立つ、そして降りようとするジェット機をすぐそばで見ることのできる航空機撮りのメッカである。
f0126505_037421.jpg

サンヨンの試し撮りスポットとしては最高のロケーションだ。
300ミリの望遠レンズなんて使ったことなかったから、飛行機を撮るなんて初めてのことである。
ビギナーはビギナーらしく、降りたとうとする機体を撮っていればいいのサ。へへん。

あ~、キャリア(航空会社)はわかりますが、機種はよくわかりませんのでキャプション無しです・・・
f0126505_057425.jpg

おなじみJAL『鶴のマーク』
f0126505_058215.jpg

ANAジャンボ機
f0126505_0594299.jpg

これどこの航空会社?
f0126505_105183.jpg

ナニゲに好きなB787。ガルウィングみたいな主翼が好き~♥
f0126505_125376.jpg

f0126505_135712.jpg

これはなにかのコラボデザイン?
f0126505_14139.jpg
f0126505_152446.jpg
f0126505_15440.jpg

二つの管制塔
f0126505_16495.jpg

そして、スカイツリー
f0126505_163479.jpg


by ma2116 | 2012-09-09 01:09 | ホビー | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 01日
こりゃ、名前変えるべきだ~
MINIどころではない。MIDDLEと名前を変えなさい。

先週金曜に借りて今日返してきた。
BMW MINI COOPER CROSSOVER。
さてどこ行こうかとあれこれ悩んだが、以前写真で見たここにした。
f0126505_21103347.jpg
伊豆半島南端にある『弓ヶ浜』である。およそ1キロにわたり弓状に広がる白砂青松の美しい海水浴場。
f0126505_21143523.jpg
まだシーズン前なので人もまばら。浜辺でBBQを楽しむ家族連れ。ぼんやり海を並んで見ているカップル。犬の散布に訪れたお父さん。

f0126505_21172383.jpg
1.6リッターDOHC4バルブNAエンジン(122HP)を積み、もはやミニと呼べないぐらいのミディアムサイズ(VWのゴルフと同じぐらいだ)のMINI初の4ドア。
f0126505_21331170.jpg
おなじみのBMWとPEUGEOT共同開発のエンジン。PEUGEOTは全車種をこれにしてしまった。MINIの場合、グレードによって出力、トルク、圧縮比を変えている。COOPER‘S’にはターボが付く。
試乗車は6速ATでマニュアルモード(ステップトロニックモード)がある。いつもマニュアルモードで走っているから、当然そちらを選ぶ。
愛車307CCは(残念なことに・笑)4速AT。6速ATの使い良さとはどんなものなのだろう?という素朴なギモンが頭をよぎった。
1速に入れスタート。2000RPMあたりで2速にアップ。5000で3速とチェンジしてみる。
小気味よく回るエンジンである。伸びもいい。
街中を走るには4か5速で充分。前をバスがトロトロ走っている時はさすがに3速でガマンするが。
低速重視のトルク配分とはこのことだろうか。
エンジンサウンドはちょっと高め。2リッターの307のエンジン音に慣れているのでちょっとばかり甲高い気がする。
f0126505_21553294.jpg
f0126505_21545075.jpg
円形のモチーフをふんだんに使ったインテリア。
往年のMINIと比べ物にならないほどの広さを持つ。全幅が1790mmもあるのだから当然と言えばト~ゼン。3ナンバーになるのもト~ゼン。(笑)
オクサンに言わせると「(307より)ちょっと狭い」だそうだが、実は307CCの全幅は1760である。
シートは、正直に言うが、307CCの方がいい。脇、腿のサポート感はPEUGEOTのシートの方がしっかりしている。座り心地はまぁまぁというところ。長時間運転でも腰が痛くなることはなかった。
ステアリングの内側に見えるのが回転計。スピードは左の巨大なメーターに視線を流さなくてはならない。
これは、ちょっと見づらい。デザインに凝りすぎと言ってもおかしくない。
2連メーターでイイんじゃないか?巨大なメーターがドンと腰をすえているせいでインダッシュタイプのカーナビは装着不可能。ダッシュボードに据え付けるタイプか、モニターがメーター下半分を隠してしまうタイプしか選べないのはいただけない。
f0126505_2212065.jpg
この車は5人乗りだが、CROSSOVERには4人乗りも用意されている。(4シーター仕様)その場合は個別調整が可能となりシートの前後と傾きの調整ができる。
座ってみたが、ヘッドクリアランスは充分あるし、足元も窮屈な感じはなかった。
f0126505_22171843.jpg
350㍑のトランク容量。
シートを倒せば、フルフラットとはいかないが、荷室としての使い良さはある。ゴールデンレトリバー2匹乗せても大丈夫なくらいだ。あ、バーニーズはどうかな?(笑)
f0126505_22224657.jpg
ちなみに、こうやって開ける。
f0126505_22235664.jpg
中央にみえるのがサイドブレーキレバー。本当にレバーって感じ。
左の楕円形メガネケースと、さらに2個のカップホルダー、携帯音楽プレーヤー用ホルダーがセンターレールの上を自由に配置できる。4シーター車の場合、後部座席までレールを延ばすことも可能だ。
f0126505_22304893.jpg
f0126505_223144.jpg
うらやましかった2つ。グローブボックスとフットレスト。
とびきりデカいわけではないが、307CCに比べれば月と鼈。フットレストもそうだが、ペダルも円モチーフ。
f0126505_22344274.jpg
ステアリング右わきのスロットにキーを差し込み、スタート・ストップボタンを(ブレーキを踏みながら)押せばブルルンとエンジンがかかる。
MINIのキーにはちょっとしたギミックが施されている。
f0126505_22395825.jpg
これがイグニッション・キー。見ての通り棒状の鍵がない。円形(ここでも!)のヘッドを差し込むやり方だ。また、キースロットは充電器の役割もあるのでキー自体に電池は必要ない。じゃ、数か月車を使わなかったら、バッテリー切れになったら、ロック解錠も出来ないではないか!と(美人)営業サンに聞いた。
「その時はですネ~うふ」
f0126505_22451031.jpg
と、こうやって鍵が隠されている。これでドアは開けることができる。

MINIと言えば、ちぃっちゃなボディに大人4人が乗車し、肩を寄せ合って頭を天井にぶつけて・・・のイメージだったが、現在のMINIにそのイメージは当てはまらない。
ライバルはVWのポロだそうだが、サイズ的にはゴルフと同じだと言われてもおかしくない。
となるとCセグメントだ。ゴルフ、BMW1シリーズ、アウディA3、ルノーメガーヌ、ベンツAクラス、そしてPEUGEOT308。名だたる名車が競い合うリングだ。
ま、本当のところBセグだから207やルーテシアとの競合となるのだが、それは2ドアのMINIであって、CROSSOVERはCセグに分類されても否定できない気がする。
気になる燃費だが、今回は国道1号線→135号線で下田まで一般道を走り、弓ヶ浜に寄って414号線を北上し三島から東名に乗って帰ってきた。正確な走行距離は測らなかったが、満タンにして返却する際、約26リッターの給油だったので、およそ400キロ走った(営業所から自宅、自宅から営業所の分も含めて)から単純計算だがリッター15キロと言ったところか。マニュアルモードで早めのシフトチェンジで効率よく走ったつもりなのでまぁまぁの数値だと思う。

これまた当然ながら、我が家のFX候補に挙がったと付け加えておく。( 文・写真 = ma2116 )

と、カーグラフィックを意識して作文してみました~(-。-)y-゜゜゜

by ma2116 | 2012-07-01 23:13 | 日常 | Trackback | Comments(10)